製品案内 -
スマホで構造計算
建築構造ツールボックス

冒頭に戻る
製品パンフレット

Android版「スマホで構造計算」の対応 OS について ( 2017/07/24 )
本アプリの公開時の Android の最低バージョンは 4.0 になっており、これらの端末でもインストール可能になっていましたが、実際には 4.X では処理できないコードが含まれており、それが原因でシステムがクラッシュすることがあります。
このため Ver. 1.1.1 以降、Android の最低バージョンを 5.0 に変更しました。

iPhone版「スマホで構造計算」の 1.2.2 を公開しました ( 2017/06/13 )
画面の縦スクロール機能を追加し、iPhone5 で使用した時の機能制限をすべて撤廃しました。

「スマホで構造計算」に「杭基礎」の項目を追加しました ( 2017/05/16 )
iPhone 版の Ver.1.2.1、Android 版の Ver.1.1.0 から「杭基礎」の項目が追加されています。
これにより、「スマホで構造計算」と「建築構造ツールボックス」は同等の機能になります。

「スマホで構造計算」と「建築構造ツールボックス」は実質的に同じものですが、「スマホで構造計算」は iPhone 及び Android 端末向け、「建築構造ツールボックス」は Windows ストアアプリ、及び iPad 向けのアプリです ( Andoid のタブレットをお持ち方は「スマホで構造計算」を使用してください ) 。
小社で販売しているデスクトップ版製品「RCチャート8」「Sチャート8」のサブセット版に相当するもので、以下にあるような計 9 個 ( RC関連 7・ S関連 3 ) の項目が含まれています。

  ・ スラブ
  ・ RC小梁
  ・ 地下外壁
  ・ 独立基礎
  ・ 連続基礎
  ・ 杭基礎
  ・ 擁壁
  ・ 鉄骨小梁
  ・ 鉄骨間柱
  ・ 胴縁

ここで作成したデータファイルは「RCチャート8」「Sチャート8」でそのまま読み込むことができます。
アプリのスクリーンショットが 製品パンフレット にあります。
インストール
無償で公開しています。 App Store ・ Google Play、または Windows 8.1/10 の「ストア」から該当するアプリ名を検索してください。
サポート
アプリの一般的な操作については、メニュー画面の右上にある「ヘルプ」をタップして参照できますが、 こちら からもご覧いただます。
アプリの内容に関する問い合わせはツイッターによる 140字サポート でお受けしています。