製品の価格・購入方法

冒頭に戻る
製品の配布形態
製品の価格
製品購入のお申込み
代金のお支払い方法
お問い合わせ・見積り依頼
CD-ROM版とダウンロード版

バージョンアップ価格の一部値下げについて ( 2017/11/16 )
セット製品「RC+Sチャート8」から上位のセット製品「ストラクチャー・スイート2」へアップグレードする場合の価格を「ストラクチャー・スイート2」の追加ライセンスの価格と同じにしました。実質的な値下げになります。
CD-ROM版が 75,000 円、ダウンロード版が 60,000 円です ( いずれも税別価格 ) 。
お申し込みは「ストラクチャー・スイート2 追加ライセンス」という形で結構です。

旧版製品の追加ライセンスの購入について ( 2017/11/16 )
これまで、旧版製品の追加ライセンスの購入については非公式に個別に対応してまいりましたが、今後は「ストラクチャー・スイート R3.0」および「RC+Sチャート7 R3.0」のダウンロード版に限り承ることにいたします。
製品価格表、および購入申込書にその項目を追加しました。

製品の配布形態
弊社製品には「CD-ROM 版」と「ダウンロード版」というの二つの異なる配布形態があります。両者はプログラムのプロテクト方式が異なります。
詳細は CD-ROM 版とダウンロード版の違い をご覧ください。

製品の価格 ( バージョンアップを含む )
以下の価格表 ( PDF ) をご覧ください。

製品の新規購入または追加ライセンス購入時の価格表
バージョンアップ価格表

製品購入 ( バージョンアップを含む ) のお申し込み
以下の購入申込書 ( PDF ) を印刷し、所定事項をご記入の上、記載されている番号あてに FAX をお送りいただくか、もしくは申込書をメールに添付して sales@structure.jp あてにお送りください。
CD-ROM版用 製品の新規購入または追加ライセンス購入用の申込書
バージョンアップ用の申込書
ダウンロード版用 製品の新規購入または追加ライセンス購入用の申込書
バージョンアップ用の申込書

代金のお支払い方法
CD-ROM 版の代金のお支払い方法には「代金先払い」「代金後払い」「代金引換」の 3 つがあります。
ダウンロード版の場合は「代金先払い」「代金引換」のいずれかになります。

代金先払いの場合
購入申込書の「代金のお支払い方法」欄にある「代金先払い」をチェックして下さい。
申込書の受領後、こちらから請求書と郵便振替の払込用紙、及び銀行口座名を明記したものを郵送にてお送りしますので、お近くの郵便局または銀行にて代金をお支払い下さい。入金確認後に製品を発送致します。この場合、CD-ROM 版に限り、購入総額の 10% を値引き致します。
また、特にお急ぎであれば、購入申込書の「代金支払い方法」欄にある「FAX またはメールによる請求書の送付を希望」をチェックしてください。請求書と口座名を明記したものを FAX またはメールにてお送りします。代金のお支払い後、払込票のコピーを上記の FAX 番号あてにご送信いただくか、もしくは振込み先をメールにてご返信いただければ、製品、および「領収済」と捺印した請求書を最短日時にてお送りします。

代金後払いの場合 ( CD-ROM 版のみ )
購入申込書の「代金のお支払い方法」欄にある「代金後払い」をチェックして下さい。
申込書の受領後、こちらから製品と請求書をお送りします。30 日以内に、お近くの郵便局または銀行にて代金をお支払い下さい ( 貴社の経理システム上、30 日以内のお支払いが困難な場合は弊社あてに別途ご相談ください ) 。

代金引換の場合
購入申込書の「代金のお支払い方法」欄にある「代金引換」をチェックして下さい。
これは、ヤマト運輸の「宅急便コレクト」による代金引換システムです。ヤマト運輸のドライバがお客様に荷物を引き渡した時に代金をお支払いください ( 現金払いのみ ) 。この場合、CD-ROM 版に限り、購入総額の 10% を値引き致します。
配達日時に関してとくに指定がある場合は、「購入申込書」の所定の欄に記入してください。配達希望日は、購入申込書の送信日の 2 日後 ( 翌々日 ) 以降 ( お届け先が北海道・九州の場合は 3 日目以降 ) になります。ご注文をいただいた時間帯によってはご希望に添えないこともありますが、その場合はこちらからご連絡を差し上げます。
発送前に、ご確認のため、弊社からお客様あてに FAX またはメールで配達予定日とお支払い金額をご連絡いたします。

領収書の発行について
弊社では、請求書を発行する「代金先払い」「代金後払い」については領収書は発行しておりません。領収書が必要なお客様は代金引換をご利用ください。お支払いいただいた時点でヤマト運輸のドライバが領収書をお渡しします。

製品購入についてのお問い合わせ・見積りのご依頼
製品購入についてのお問い合わせ・見積りのご依頼等は sales@structure.jp にて承ります。

CD-ROM 版とダウンロード版の違い
CD-ROM 版
プロテクト方式が「ハードウェアプロテクト」と呼ばれるものになっています。
お客様にはインストール用の CD-ROM と、マシンの USB ポートに装着するキー ( 1 ライセンスにつき 1 個 ) をお渡しします。プログラムは、このキーが装着されているマシンでのみ稼動します。プログラムを複数のマシンにインストールすることはできますが、同時に使用可能なマシンの数は、お渡ししたキーの数、つまり購入したライセンス数になります。将来マシンを買い替えた場合でも、キーがある限りは使いつづけることができます。
なお、キーの破損については ( その状況および購入後の経過日数により ) 無償または有償で交換いたしますが、紛失した場合の補償はいたしません。その場合は「追加ライセンス」をあらためてご購入いただく必要があります。

ダウンロード版
プロテクト方式が「ソフトウェアプロテクト」と呼ばれるものになっています。
お客様にはプロテクト解除用のコード番号 ( プロダクトキー ) のみをお送りします。当サイトの「ダウンロード版の配布」から該当する製品のインストールモジュールをダウンロードしていただき、インストール後にプログラムを起動し、お渡ししたプロダクトキーを入力してライセンス認証を行います。
この時、使用している PC の情報がサーバーに送信され、さらに 認証解除の情報が PC のシステムに書き込まれます。以後の起動時にはシステムの情報が参照され、使用可能であることを確認した上でプログラムが起動します。したがって、インターネットによる通信が必要なのは最初の認証時だけで、以後はオフラインで起動できます。
上記のプロダクトキーは 1 ライセンスにつき 2 個お渡しします。
それぞれを 1 台の PC で使用できますので、結局、1 ライセンスにつき最大 2 台の PC でプログラムが使えることになります。
ただし、使用中の PC のライセンスを他の PC に移し変えることはできません。 3 台目の PC にインストールする場合は「追加ライセンス」をあらためてご購入いただく必要があります。

どちらを買えばいいのか?
これについては、お客様のコンピュータの使用環境や考え方によりますので一概には言えません。端的な例を一つあげれば、たとえばコンピュータを 1 年くらいのレンタルで使用しているような場合は、ソフトウェアプロテクト版ではそのつど費用が発生する可能性がありますので、ハードウェアプロテクト版にすべきです。
コンピュータにしてもプログラムにしても、これらは半永久的に使うものではありません。たとえば 10 年前に購入したコンピュータを現在も使用している方はあまりおられないと思いますし、10 年前の構造計算プログラムが現在でも使用可能かというと、こちらも多少の疑問があります。したがって、ハードウェアプロテクト版・ソフトウェアプロテクト版のいずれを選択するかは、コンピュータやプログラムの耐用年数をお客様がどのように考えるかによって違ってきます。
なお、ソフトウェアプロテクト ( ダウンロード ) 版はハードウェアプロテクト ( CD-ROM ) 版に比べて安価になっていますが、これは CD-ROM や USBキー、あるいはその発送に関わる当社の負担を考慮してのもので、他の理由はありません。